<< 外国人犯罪、5年連続減少=「生... 半島有事密約「現在は失効」=新... >>

「国民の相当数いかれている」亀井金融相(読売新聞)

 亀井金融相は23日の記者会見で、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で、県外に受け入れの動きが出ないことについて、「国民の相当数はいかれてしまっている。『犠牲は全部ひと、自分は嫌だ』と言う」と述べた。

 亀井氏は移設先について、「県外、国外がいいに決まっている。そういう可能性は一生懸命追求しているが、残念ながら今のところ、自分たちも負担しましょうという日本人はいない」と指摘した。

 そのうえで、国民新党が提唱しているキャンプ・シュワブ(名護市など)陸上部への移設案を、「ベストじゃないけど、ベターの案じゃないかと思っている」と語った。

既婚者の別姓移行、施行後1年以内に=婚姻後変更は認めず−民法改正案(時事通信)
アグネスさん ソマリア視察終える 日本ユニセフ大使(毎日新聞)
米子の2人強殺公判、遺族が厳しい処罰感情(読売新聞)
郵政民営化の危機=自民・中川氏(時事通信)
<訃報>市川箱登羅さん79歳=元歌舞伎俳優、三代目箱登羅(毎日新聞)
[PR]
by hzo4xaypuj | 2010-02-26 13:12
<< 外国人犯罪、5年連続減少=「生... 半島有事密約「現在は失効」=新... >>