<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

生ごみ 石炭並みの熱量燃料に 静岡大グループ開発(毎日新聞)

 生ごみと廃プラスチックから石炭並みの熱量がある燃料を製造する技術を静岡大工学部の佐古猛教授(物質工学)らの研究グループが開発したと3日、発表した。コンビニやスーパーから出されるプラスチック容器入りの食品廃棄物や農作物の非食用部分などから「国産」の燃料を作り出すことができる。3年後の実用化を目指す。

 200度・20気圧の亜臨界水と呼ばれる高温高圧の「水」の中で、生ごみと廃プラスチックを約30分かき混ぜると、直径1〜5ミリに分解されたプラスチックの周りに生ごみからできた可燃性粒子が付着する。これが粉末燃料となり、添加物なしで加圧するだけでペレット状に加工することができる。

 石炭の熱量が1キロ当たり6750キロカロリーに対し、この粉末燃料は同6250〜7000キロカロリーとほぼ同じ。また、硫黄酸化物は発生せず、窒素酸化物やダイオキシンなどの発生も一般のごみ焼却場の排出基準を大幅に下回る。生ごみ1トンと廃プラスチック200キロから400キロの燃料を作ることができ、焼却灰は燃焼前の数%と少なく、リンなどを含むため無機肥料として再利用できる可能性もある。

 一部の自治体では、生ごみに接着剤や石灰を混ぜてペレット状にするRDF(ごみ固形燃料)を製造するプラントが導入された。だが、RDFは熱量が低く重油などの助燃剤が必要になる場合があるほか、焼却灰に石灰が残り処理費用がかかるなどの問題があった。また、発酵によって発生したメタンガスが原因と見られる火災が発生するなどのトラブルもあり、普及していない。今回の技術は、こうした問題をいずれも回避できるという。【瀬上順敬】

【関連ニュース】
<ニュースがわかる>ごみをもっと減らそう/1 埋める場所がない
<ニュースがわかる>石油に代わるバイオ燃料/1 みんなエネルギー?
<関連記事>環境を読み解くキーワード:/57 生ごみ処理
<関連記事>農and食・捨てないで:第2部・家庭から考える/4 生ゴミを堆肥、燃料に
<関連記事>どうする 可燃ごみ?リサイクル? 東京、埋め立て処分場の延命策

出頭の男、7年前の放火供述=3人死傷、裏付け捜査−大阪府警(時事通信)
津波警報をすべて解除…気象庁(読売新聞)
福祉医療機構の中期目標・計画改正案など了承(医療介護CBニュース)
あかつき、5月18日打ち上げ=金星探査機、H2Aで−宇宙機構(時事通信)
<小1男児殺害>母親が起訴内容認める 福岡地裁で初公判(毎日新聞)
[PR]
by hzo4xaypuj | 2010-03-06 11:46

暴行2教諭を懲戒解雇=修学旅行で生徒大けが−法政高(時事通信)

 法政大学中学高等学校(東京都三鷹市、牛田守彦校長)の教諭2人が1月中旬、修学旅行中の高校2年の男子生徒に暴行を加え、2人に大けがを負わせた問題で、法政大は27日、教諭2人を懲戒解雇したと発表した。
 同大によると、2人は28歳と36歳の男性教諭。2教諭は北海道への修学旅行で、生徒が禁止されていた携帯ゲーム機などを持参したとして、宿泊先のホテルで殴るなどの暴行を加えた。
 同大はほかに、増田寿男総長や牛田校長ら5人を減給処分とした。 

【関連ニュース】
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑
女子学生にキス、教授を減給処分=富山大
口座不正開設で減給処分=巡査部長が「へそくり用」
警視庁巡査長を逮捕=女高生を盗撮容疑
女性の後ろ姿100回以上盗撮=県警職員を減給処分

「第2波も気をつけて」首相、津波の恐ろしさ訴え(産経新聞)
<線香>ありがたさ倍増? 2ミリの般若心経(毎日新聞)
採点ミスや友人まかせ…埼玉県立大講師を懲戒免(読売新聞)
<天皇、皇后両陛下>ラオス国家主席夫妻と会見 昼食も(毎日新聞)
根室支庁
[PR]
by hzo4xaypuj | 2010-03-04 21:06

3キロ引きずり死、元ホストが初公判で殺意否認(読売新聞)

 大阪市北区梅田で2008年10月、会社員鈴木源太郎さん(当時30歳)が車にはねられた後、約3キロ引きずられて死亡した事件で、殺人罪と道交法違反(ひき逃げ、無免許)などに問われた元ホスト吉田圭吾被告(24)の初公判が2日、大阪地裁(秋山敬裁判長)であった。

 吉田被告は罪状認否で、ひき逃げなどは認めたが、「事故を起こして頭が真っ白になり、鈴木さんを引きずっていることに気付かなかった。殺意はなかった」と殺人罪を否認。そのうえで、「すぐに車を止めていれば、鈴木さんが死ぬことはなかったと思う。心からおわびします」と遺族に謝罪した。

 検察側は冒頭陳述で、逃走理由について「無免許、酒気帯び運転をしており、発覚すれば別の詐欺事件の執行猶予判決が取り消される恐れもあった」と指摘。犯行直後に現場に戻って鈴木さんの遺体を確認していたことなどを挙げ、「被告が鈴木さんを引きずっていることに気付いていたのは明らか」と述べた。

 弁護側は「若干の違和感は感じたが、人間が挟まっているという認識はなかった」と主張、自動車運転過失致死罪の適用を求めた。

 起訴状によると、吉田被告は08年10月21日午前4時20分頃、同区梅田の交差点で、ワゴン車を無免許運転中に横断中の鈴木さんをはねて逃走。車底部に鈴木さんを引きずっていることを認識しながら同市福島区まで約3キロを時速40〜50キロで走行し、頭蓋(ずがい)骨骨折などによる外傷性ショックで死亡させた、とされる。

 公判では殺意の有無が争点となり、検察側は当時の状況を再現した走行実験の結果をもとに、吉田被告が人を引きずった認識があったことを立証する方針。

 吉田被告は事件後の同年11月5日未明、ミナミのラーメン店にいるところを大阪府警の捜査員に見つかり、逮捕された。

<鮎川信夫賞>谷川俊太郎さんの作品に決まる 詩集部門(毎日新聞)
<浅草の高層マンション>都条例不適合に検査員が確認済証(毎日新聞)
国際空手道円心会館日本総本部
人から人へ感染か=タミフル耐性ウイルス、兵庫と鳥取で(時事通信)
<警察庁>安藤長官が3月訪韓(毎日新聞)
[PR]
by hzo4xaypuj | 2010-03-03 10:42

安木理恵

安木 理恵(やすぎ りえ、1982年3月15日 - )は、元NHK松山放送局キャスター・エフエム徳島アナウンサーである。来歴・人物兵庫県西宮市出身。神戸大学在学中に生田教室へ通い、卒業後はNHK松山放送局で1年間キャスターを務めた。その後、母校の神戸大学の大学院に進学し学ぶかたわら、シービットTVのレポーターを担当し、大学院卒業後の2008年にエフエム徳島に入社した。絵画に造詣が深く、エフエム徳島の番組やブログでも、度々取り上げられた。またブログでは、文章表現が豊かに記されていた。関連人物猪井操子(東北放送アナウンサー)過去の担当番組T-Cross(水・木曜日)MV CLUBFM徳島ニュース 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E6%9C%A8%E7%90%86%E6%81%B5」より作成カテゴリ: ラジオ番組のパーソナリティ・DJ | FM徳島 | エフエム徳島のアナウンサー | 兵庫県出身の人物 | 1982年生 | 存命人物隠しカテゴリ: アナウンサーのスタブ項目

<脱税>不動産会社経営者ら逮捕 銀座のビル転売益申告せず(毎日新聞)
<外国人選挙権>8県議会が反対に転向(毎日新聞)
「引退と捜査は別の話」=朝青龍問題で警視庁(時事通信)
国民新・下地氏、普天間移設「混乱すれば次世代に負担」(産経新聞)
非核兵器国への核使用禁止求める=日豪外相が共同宣言発表(時事通信)
[PR]
by hzo4xaypuj | 2010-03-02 02:41