<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「映像の男、わたしでない」=鑑定結果「別人」の窃盗事件−金沢地裁(時事通信)

 石川県白山市で、不正入手したキャッシュカードを使い現金自動預払機(ATM)から100万円を引き出したとして、窃盗罪に問われた男性被告(61)の公判が11日、金沢地裁(入子光臣裁判官)で開かれた。ATMの防犯カメラに写った男について、男性は「自分と似ているが、ネックレスがないのでわたしではない」と陳述した。
 映像をめぐっては、検察側が被告と別人とする愛知県警の鑑定書を提出し、入子裁判官が公判で証拠採用した。被告は前回公判前に保釈された。
 男性は被告人質問で「映像には常に着用していたネックレスが写っておらず、わたしとは別人」と述べた。弁護側から捜査段階で映像の男を自分と認める供述をした点を問われると、「とにかく似ていたから、誤解されても仕方ないと思った」と話した。
 入子裁判官も捜査段階の検察官調書について質問。「現場に行っていないと否認する一方、わたし自身の姿であることは間違いないと答えている。180度違うことを言っているのはなぜか」と聞くと、被告は「全体の輪郭が…」と同様の答えを繰り返した。
 弁護人の織田明彦弁護士は公判後に記者会見し、「検察官に『お前だろう』と言われ続け、被告がそう思い込んで供述したのではないか」と説明した。 

【関連ニュース】
イランからの送り状押収=日本製含み5、6種以上か
古美術商、1億円超盗まれる=車内から
風邪薬から覚せい剤密造=容疑でイラン人2人逮捕
警察職員、反則切符盗まれる=帰宅途中に560枚
巡査長、捜査書類隠す=発覚恐れ失跡、書類送検

亀井氏「連立離脱の覚悟」…郵政と会期延長で(読売新聞)
「SSには軍人や警官、消防士もいる。被告も正義感から…」情状求める弁護人(産経新聞)
小林議員の資金管理統括に有罪判決…北教組事件(読売新聞)
汗疹“注意報”発令 こまめに汗ふき&吸水性の良い服を(産経新聞)
日本のウイスキー、世界を席巻 「響21年」「竹鶴21年」最高賞W受賞(産経新聞)
[PR]
by hzo4xaypuj | 2010-06-15 15:34

さばさば辞任、涙も=辻元氏「ちょっと悔しい」―国交省(時事通信)

 「厳しく野党で追及していく側になるが、協力を」。社民党の連立政権からの離脱に伴い、同党の辻元清美国土交通副大臣は31日午後0時15分すぎ、前原誠司国交相に辞表を提出。花束を受け取ると笑みを浮かべ、さばさばした表情を見せた。
 国交省4階の大臣室。黒地にストライプのスーツ姿の辻元氏は「辞職願を持ってきました」と切り出した。前原国交相は「JAL問題で他省庁を説得し、再建を進めたのは辻元さんの力が大きかった」とねぎらい、花束を手渡した。
 辻元氏が「国交省の門を最初にくぐった時は不安でいっぱいだった。前原さんとやれるのだろうかと」と応じると、笑い声も。辻元氏は「立場は変わるが一緒にチャレンジを続けていきたい。国交省が変われば日本が変わる」と締めくくった。
 辻元氏は午前10時ごろ、最後の登庁。記者団から約8カ月間仕事をともにした国交省職員への思いを問われると「ちょっと悔しいね。仲間という気持ちでやってきたから」と声を詰まらせ、「辞めるのは寂しいしつらい」と涙をぬぐった。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜社民、連立政権を離脱〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

民主議員の“なりすましツイッター”が謝罪(産経新聞)
普天間訓練移転、麻生知事「まず大阪に条件を」(読売新聞)
シドニーのミニパト!? アルファロメオ MiTo、警察に配備(レスポンス)
首都圏で歯科展開の医療法人社団が破産(医療介護CBニュース)
【明美ちゃん基金】「命救われ恩返し」38年前手術の男性 2万ドル寄託(産経新聞)
[PR]
by hzo4xaypuj | 2010-06-03 21:46